NEWS

2017-08-30

アートワークブログ, カラーリストブログ, スタッフブログ

「トニガイカラーチームの”ヘアカラー実験会”」〜カラーリストマコッティの毎日ブログ#225〜

TONI&GUY神宮前サロンカラーリストの岩屋です。( @makoto_tgjp )


どんな人間かは コチラのプロフィール記事 をご覧下さい。

どんなにキャリアを重ねても、美容の技術に”ゴール“はないような気がします。

もっと良い方法があるんじゃないか。

もっと早くできる方法があるんじゃないか。

まだまだ知らないことがあるんじゃないか。

と、

憎らしいくらい、常に更に上を求める飽くなき”探究心“と”練習“が必要不可欠なんです。

それが、”料金をお支払い頂くお客様へ美容師ができる最大限の努力“の中の1つだと思っています。

周りの巨匠たちを見ても、例外なく”自分に満足していない方“ばっかりで、ほんと困っちゃいます苦笑

前置きはこんくらいにして、

先日営業後にトニガイカラーリストの”実験会“がありました。

都内店カラーリストが集結し、

あらゆるシチュエーションを想定したヘアカラーの実験を毛束で実施する会です。


カラーラボ(実験室)“みたいな感じですね。


グループに分かれていくつかあるお題に

答え“を出し、プレゼンする形式です。

色彩“や”薬剤知識“、”化学反応“などは感覚的に分かっていても言葉で説明出来ないものが多い、とっても曖昧なもの。

なんとなく理解しているもの“や、

長年常識とされていたけど、実際どうなの?

みたいなグレーゾーンを、実際に実験して1つ1つクリアにしていきます。

現代は様々な情報が溢れるくらいweb上にあります。

それ故に、何が真実なのかを見定めるのは、

職業としている美容師でさえ判断が難しいくらいに膨れ上がっています。

百聞は一見にしかず

とは正にこのことで。

見たり聞いたりする情報は、

実際に自分で行動に移した検証“には敵いません。

今回の実験でも、クリアになった”ヘアカラーの真実“がたくさんありました。

予想が確信になるんですよねー。

情報に流されない、真実を突き詰める行動が何よりの指標。

我々トニガイのカラーチームは、表に出るPR用のスタイルなどから何かと派手に見られがちですが、

真にチームを支えているのは、

意外にも、コツコツした地道な

サロンワークを想定したヘアカラー実験会“だったりするんです。

はい、終わり〜(^^)

カテゴリー
アートワークブログ, カラーリストブログ, スタッフブログ
タグ
BACK