NEWS

2017-07-28

カラーリストブログ, スタッフブログ

「1番難しいブリーチNo1(と思ってる)」〜カラーリストマコッティの毎日ブログ#218〜

TONI&GUY神宮前サロンカラーリストの岩屋です。( @makoto_tgjp )



どんな人間かは コチラのプロフィール記事 をご覧ください。


今日はですね、、

「やっぱりこれ1番難しいわ!」

と改めて思ったブリーチについて。

これは分かってもらいたい、是非声に出したい!!

といつも思ってるので書きます。

だって簡単そうに言うんだもん皆。

それは何か。

ブリーチリタッチ


です。

根元は地毛の黒、毛先はブリーチ毛のあれです。

毛先にブリーチついたら切れちゃうあのリタッチです。

これは、お客様にも是非そーなんだぁと目を通して頂きたい。

なぜなら、

「簡単ではないから!!!!!」

かなりの集中力精神力を消耗する施術なのです。

さらに、地肌からブリーチをつけてしまうと頭皮の体温によって根元の方が明るくなっちゃったりっていう細かい諸問題があるため、

地肌を0.5ミリくらい開けながら、体温の影響がない中間部分をたっっっぷり塗布し、毛先は外す!(そうすると頭皮も痛くない)

実際はこんな感じの図になります。


塗ってる時は水中にいる感覚の無酸素運動

くらいのスタミナが必要です。

“リタッチ”

って聞くと簡単に思われがちなんですけど、されどリタッチなんです。

いっちばん難しかったりするんです。

自己満の世界かもしれないですが、カラーリストはそんなところに気を遣いながらカラーしてますの。

んで、仕上がりアフターはこちら。


カラーだけでなく、簡単そうに見える技術ほど、安定したクオリティを継続してキープするためには、色々な工夫が必要なんですね。

あ、

あともう1つ。

2回目以降のブリーチ施術は、

できればブリーチをした同じ担当者にやってもらう。(もしくは同じサロン)

これ、けっこう大事です。

1回目のブリーチをどんな感じでしたかで、2回目以降のブリーチのプロセスが変わってくるからです。

まぁお医者さんと同じで、

どうもしっくり来ないとか、納得いかない時なんかは、セカンドオピニオン的なのも必要になったりもしますが、

基本的に。ですね。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

はい、終わり〜(^^)

カテゴリー
カラーリストブログ, スタッフブログ
タグ
BACK