NEWS

2017-08-13

アートワークブログ, カラーリストブログ, スタッフブログ

「なぜ、分業制なのか」〜カラーリストマコッティの毎日ブログ#222〜

TONI&GUY神宮前サロンカラーリストの岩屋です。( @makoto_tgjp )


どんな人間かは コチラのプロフィール記事 をご覧ください。

皆さんもご周知のとおり、

TONI&GUY はスタイリスト・カラーリスト・レセプショニストからなる、

分業制

をとっています。

この分業制を取り入れているヘアサロンは、全体の数からすると、

まだまだ少数です。

今日は僕の分野であるカラーリストについて改めて。

そもそも、”カラーリスト“という職業自体が、美容師全体の約0.5%と言われています。

そしてまだまだ新規でいらっしゃるお客様には、

分業制のヘアサロンは初めて

という方が多くいらっしゃいます。

カラーリストは、

ヘアカラーを徹底的に追求する人

だと思って下さい。

サロンの誰よりも毎日ヘアカラーのことを考えている人

だと思って下さい。

分業制にする最もたる所以はそこにあります。

専門性の追求

です。

自身の体験でお伝えしますと、

6月に膝の手術を決めた時の話。

色々なご縁で、

膝のスペシャリスト“と言われる先生に巡り会えました。(リオオリンピックでラグビー日本代表のチームドクターだった先生)

年間で約100件以上の靭帯再建術をしている方。

もうそれだけで120%信頼できるわけです。

お金を払って何かをお願いする時や、髪の毛を含む自分の身体の一部を預ける時、

その道の”専門家“に聞きたくなりますし、頼みたくなります。

僕はそうでしたし、きっとこれからもそうです。

なかなか思い通りの色にならなくて困ってる方。

自分に何色が似合うのか分からなくて困ってる方。

本当はやりたい色があるけど中々踏み出せない方。

白髪染めを重ねて、もう暗い色しかできないんじゃないかと不安になってる方。

とびきり攻めたヘアで一発気合を入れたいけど、どうしていいか分からない方。

そんなヘアカラーでお困りの方々のお力になるべく、

今までヘアカラーをしてきました。

どうか、

この人に頼めば私のヘアカラーは安心

と思って頂けますように。

そんな気持ちで毎日ヘアカラーに向き合って追求している美容師。

それが「カラーリスト」です。

はい、終わり〜(^^)

カテゴリー
アートワークブログ, カラーリストブログ, スタッフブログ
タグ
BACK