NEWS

2017-07-26

カラーリストブログ, スタッフブログ

「岩屋のブリーチ使用率は果たして何%なのか?」〜カラーリストマコッティの毎日ブログ#217〜

TONI&GUY神宮前サロンカラーリストの岩屋です(@makoto_tgjp )


どんな人間かは コチラのプロフィール記事 をご覧下さい。

 数年前に比べて、”ハイトーンカラー“をご希望のお客様がとっても増えました。

言い換えると、

一般の方のブリーチへの考え方 が少し変わってきたように思えます。

ブリーチについての記事もたくさん書いてきましたし、

「好きだ!得意だ!!」と常に公言してきました。

声に出して言ってると、本当にそうなってくるんだなぁという実感もあります。

SNSの効果も無視できません。

そこで、ちょいと知りたくなったんです。

果たして岩屋のお客様のいったいどのくらいの方がブリーチ施術をしているのか?

を、調べてみたんです。

中には、

「岩屋ブリーチ好き好き言ってるけど、どんくらいやってんの?ん?」

という質問もあるでしょう。

多い少ないは別として、カラーリストとしてそんな時にちゃんと答えられないといけないなぁとも思ったので。

そしたらビックリ。


のお客様がブリーチを使用した施術 だったんです。

もちろん、もっともっとブリーチしまくってる美容師さんやカラーリストは世の中にたくさんいらっしゃると思いますし、

え、それがどうしたの?

って思われるかもしれませんが、

ただ、

肌感覚で”増えてきたなぁ“と感じてただけに、

増やしたいなぁ“と思ってただけに、

数字にすると、

ついに半分超えてきたんだと驚いたのが正直な気持ちでした。

これはあくまでも、

カラーデザインの中のどこかにブリーチを使用しているという集計方法です。

例えば、

“グレイヘアのリタッチプラス、毛先のバレイヤージュとかハイライトにブリーチを使用する”

なんてケースもたくさんあるわけで。

ブリーチを使う=派手なカラー

って訳でもないですしね。

ブリーチの使い方で言うと、

ホワイトブリーチなんかをトップオブザブリーチに位置付けるとしたら、

髪の毛に溜まってる”色素‘や、“カラーの履歴“をリセットするために使うこともたくさんあるんです。

言わば、”画用紙を整える

感覚で使用するケースがたくさんあります。

そのため、

ナチュラルなブラウンベースのカラーを狙う際も、邪魔な色を取り除く必要があればブリーチを使うわけです

最近で言うと”透明感“を出す時とか。

透明感て、

濁り“の反対。

その濁りこそ、

先にも書いた、”カラーの履歴“の正体です。

カラーの履歴は、今まで繰り返ししてきたカラーの色素が重なって溜まってるってことです。

ですから、

前々から記事にも書いている通り、

ブリーチは工夫して優しく愛情を持って丁寧に扱えば、

あらゆる場面で”無限の色相“を作れる足がかりになるんですね。


とは言っても、ブリーチはどう使っても必ず負担はかかるもの

パーマやストレートパーマ、デジパーなどをかけられてるヘアとのマッチングは慎重に考えなければいけませんし、

ちゃんとしたケア方法も同時にお伝えすることが責任です。

そんなリスクもご相談の上、

日々、ブリーチ施術をさせて頂いております。

I love ブリーチ。

今後は、”なぜ岩屋がブリーチにこだわる” かという理由も記事にしてますね。

ちゃんと理由があるんですよ〜これが。

はい、終わり〜(^^)

カテゴリー
カラーリストブログ, スタッフブログ
タグ
BACK