NEWS

2017-07-13

アートワークブログ, カラーリストブログ, スタッフブログ

「”サロンカラー”が”ホームカラー”より高い理由(カラリスト的視点)」〜カラーリストマコッティの毎日ブログ#211〜

TONI&GUY神宮前サロンカラーリストの岩屋(@makoto_tgjp )です。


どんな人間かは コチラのプロフィール記事 をご覧下さい。

先日の”カット料金の価格帯“についての記事。

多くの方に”共感“を頂き、やっぱり同じ想いでというか、その部分に敏感な方がたくさんいることを実感しました。

中でも記事を見たお客様からコメントをいくつも頂けたことがとても嬉しかったんです。

誤解を解きたいのはやっぱり”お客様“だから。

そこでは”カット料金“に触れましたが、

何もカットだけのことではありませんね。

カラーリストとしてはやはり”カラー料金“に触れなければなりません。

安いカラーを探せばいくらでもあります。

ドラッグストアで買えるホームカラーが良い例ですね。

早い、安い、家でできる

これは魅力的ですね。

僕も実際学生のころはガンガンホームカラーしてましたから笑

そう、これで満足な方は良いんですそれで。

それが”価値観“だから。

止むを得ず って場合も多いと思いますし。

さて本題はここから。

ではなぜ我々カラーリストのサロンカラーホームカラーよりも高いのか。

まず最も大きな理由は、

ヘアカラーのプロ」だからです。

そして、プロであるために四六時中カラーのことを考えているからです。(カラーリストの場合)

本当に、嘘でしょ?と思うくらい考えてます。

頭の横や後ろの方までしっかりムラなく思い通りに染められます。

お客様の気分やライフスタイル、お仕事、好き嫌い…様々な多くの要素からカラーをデザインできます。

何よりも、長い歳月をかけてその”技術“と”知恵“を身につけています。

自宅“でできないことを”プロ“がしているから、ホームカラーより高い料金を頂いてるんです。

ま、そう信じてもらうしかないんですけどね、結局は笑

もちろん”薬剤のクオリティ“も大きな理由の1つ。

多くのメーカープロフェッショナルの方々の弛まぬ努力の結晶です。

また、お客様のヘアカラーは、

カラーリストが約300種類以上の薬剤の中から、

その方だけに”合わせて“ミックスをします。

(全ての種類と特徴が頭に入っています)

ホームカラーの箱には何種類の薬剤が入っているでしょうか?

歯の治療だって自分でできないからお金を払って歯医者さんに行きます。

洋服だって自分で作れないからお金を払って買います。

自分で作れない人は美味しい料理を求めてレストランにいきます。

自分でできないことをできる人

には、料金という対価を支払いたいと思うんです。

(僕の膝だって自分で治せないし、大切な膝に治療費ケチるなんて選択肢はないワケで…)

緊急性が違いますが笑

ちょいと脱線しましたが、

まぁそんな感じで、ちゃんとその料金を頂く理由がカラーにもあるんですよーってことが伝えたいだけです。

え、他と変わらないじゃん

と思われてしまったらそれまで。

そこに価値を感じて頂けるように頑張るのみです。

あ、ホームカラーを批判している記事ではないので、ご理解下さいm(_ _)m

どちらが良い悪いではなく、目指しているところが違うってだけの話ですから。

あくまでも、

サロンのカラーがホームカラーより高い理由を、カラーリストの視点で綴っただけの記事ですので。

あしからず(^^)

はい、終わり〜。

カテゴリー
アートワークブログ, カラーリストブログ, スタッフブログ
タグ
BACK