NEWS

2019-11-06

シャンプー、トリートメント, スタッフブログ, 青山サロンよりお知らせ, 髪のQ&A

このままだと、2026年には世界No. 1に躍り出てしまうそうです。バックナンバーvol.116

みなさま、こんにちは!秋のシーズンに入り、抜け毛半端ねぇドンピシャ美容師のブログです~

どんなドンピシャ美容師かはこちら→

中込プロフィール

秋は1年の中で1番髪が抜けますよねー。

普段より倍くらい抜けると思います。1日200本くらい。(個人差あり)

しかし!ご心配なさらずに!それ正常です!!

秋のシーズンが1年の中で1番抜けちゃう理由はちゃんとあるんです。

今年の夏は特に記録的な低温で、梅雨の時期が長く、猛暑&大雨&台風で変化が激しかったですよね。

そういう季節の変化って、バサバサになったり、うねったり、髪の毛の変化と共に、頭皮ももちろん影響してしまうのです!

夏は暑いので血流、毛細血管が拡張している為、髪や爪が伸びるのが早いですが、

秋になると、夏のダメージが時間差でくることから伸びが悪くなり、季節の変わり目で体調不良、ホルモンバランスも崩れやすく、乾燥もしてきて、栄養がいきわたらず、それが表に現れてしまいます。

なので、いつもより抜ける!そして、

冬はもっと毛量の戻りが悪くなるので、今ケアをしないといけない!と、そんな感じです。

そんな小話をふまえて本題です。

「なぜハゲるのか?」

男にとっては永遠のテーマですね。抜けるといっても上記の抜ける話とは訳が違います。

昔は、『大丈夫!大丈夫!気にすると余計にハゲるよ』

と、同年代の友人からの質問も、さらっと答えていましたが、この歳になると、その切実な問いに対し、聞かれる度に真剣に答えています。

髪の毛がなくなるだけで、男をこんなにも不安にさせ、怯えさせる。

自分がハゲたら・・・と思うと、毎日ブルブル震えてしまう。

ゲーハーは笑い事ではないんです。

今日はそのハゲ(慢性型脱毛症)について少し話していきます。*ストレスなどで一時的に抜けてしまうタイプの急性休止脱毛症というのもありますが今回は進行性の方。

まず、ハゲてしまう原因ですが、根本的な髪の毛の仕組みを少し知っておくと分かりやすいので、お伝えします!

髪の毛には、周期(ヘアサイクル)があり、個人差はありますが、だいたい2~8年伸び続けます【成長期】

伸びきった髪の毛は、2~3週間かけて衰え始めます【退行期】

そして、約3ヶ月間、成長が止まります【休止期】

その後、抜け落ち、生え変わって、また2~8年伸び続けます【成長期】

これが正常なサイクルで、人間は一生の間、これを20~25サイクル繰り返します!

が、このヘアサイクルが正常なサイクルで機能しなくなると、恐怖がやってきます。

このヘアサイクルが短くなる現象こそがハゲの原因!

まとめると、

髪の毛の成長期は2~8年。

成長期が8年の人は、8年が20サイクルなので、160年もちます。

では成長期が2年の人はというと、

2年×20サイクル=40年

成長期が仮に2年になってしまうと、40年で毛髪サイクルが終わりますので、40歳でツルッといっちゃいます。

この成長期の年数をいかに延ばすか!!

が、僕たちの使命となります!

では、そもそも何故ヘアサイクルが短くなってしまうのか?

ここが重要!!

ヘアサイクルが短くなる原因の1番はやはり【男性ホルモン】です!

なぜか?

男性ホルモンである【テストステロン】という奴が関係しています。

この【テストステロン】が【5αリラクターゼ】という酵素と結合してしまうと、【ジヒドロテストステロン、DHT】という【悪】に変身し、髪の毛のエネルギーを奪ってしまう為、ハゲを促進してしまうのです。

その結合した5αDHTは、毛根を攻撃し、弱らせ、髪の毛の成長を止めてしまい、正常なサイクルを狂わせる恐ろしい男性ホルモンになってしまうのです。

なので、5αリラクターゼとテストステロンは絶対に結合させてはなりません!!

「ではどっちもなくせばいいのでは?」

と思う方もいらっしゃるかと思いますが、このテストステロンも5αリラクターゼも男性には欠かせないとても必要なものなのです!

なぜかというと、テストステロンは、《骨や筋肉、精子の生成、性欲上昇》といった譲れない漢の役割を担っているから。

5αリラクターゼも、そのテストステロンを補助する役割がある為、漢として、この2つは超必要だが、髪の毛にはマイナスという究極の選択になるわけです。

ではどーすればいいかというと、

根本的に『男性ホルモンをあまり増やさないようにすれば5αDHTもできにくいのでは?』

という答えに行き着きます!

男性ホルモン【テストステロン】が多ければ多いほど人はハゲてゆきます。。

なので、【テストステロン】を適度な量にして、必要以上に増加させないように気をつければ抜けないように阻止できるということです!

では、男性ホルモンの分泌量を少なくするにはどーしたらいいか!

まずは、もちろんですが、改めて生活習慣を見直す!

・食→乱れるとハゲます。

・睡眠→寝ないとハゲます。

・ストレス→感じるとハゲます。

・紫外線→ハゲるし顔もたるむし、シミもできます。

中込、紫外線ケアはしていますが、それ以外はアウトでした。

気にしている方は、もちろんしていると思いますが、今の時代、これらのことをすぐ改善するのは結構難しいですよね。でもやらないとダメ!

ちなみに、コーヒーはテストステロンを抑える効果があり、また、緑茶やアロエ、みかんなどは、5αリダクターゼを抑制してくれますので、是非、体内に入れまくって下さい!

そして、もう一つ重要なのが、シャンプーとスパ!

毛穴が詰まっていたり、頭皮環境が悪いとハゲる原因となります!

だからといってシャンプーをしまくればいいわけではなく、

髪の毛は皮脂の過剰分泌でも抜けてしまうので、油分コントロールはとても大事!

オイリーな頭皮環境の人、ドライな頭皮環境の人、それぞれ頭皮にあったシャンプー剤をチョイスしないといつまでたっても改善はできません!

また、血管と毛細血管も髪の毛にとても大事!滞ると細毛、抜け毛の原因になってしまいます!

【ジヒドロテストステロン】(DHT)は、頭皮の毛細血管をキューっと収縮させてしまう為、血流が悪くなり、栄養がちゃんと届かなくなってしまいます!

既に知っている人もいるかと思いますが、末端冷え性の人は、末端に毛細血管がないので、マッサージしたら増えます!

頭皮も同じようにマッサージが必須というわけです!

【まとめ】

ハゲの原因は、ヘアサイクルの乱れから!

ヘアサイクルの乱れの原因は、男性ホルモンの分泌量!

男性ホルモンが多くなる原因は、生活環境の乱れと正しいシャンプースパができていないから!

という感じ。(*これが100%全てではないですが)

色々やることいっぱいだぁ。と思ったそこのあなた!

あるよ。

すごくいいのあるよ。

TONI&GUYではそんな方達に向けた悩み解決スペシャルケアアイテムがたくさんあります!

ここからは、ハゲに効く最強アイテムをご紹介します!

まずは、もちろんこれ!

・ヘアサイクルの成長期を伸ばすことができるフランスでアンチヘアロスカテゴリー16年連続No. 1のルネフルトレール からトリファジックシリーズ!!

デイリーケアのシャンプー&新製品の頭皮につけるタイプの育毛コンディショナー、そして、ヘアロスに悩みを持つ全ての方に効果大のデイリーケア美容液&集中ケア美容液!

とりあえず、これあればオッケーなヘアロスに特化した最強アイテムです。

さらに、頭皮のベタつきや、カサカサからくるケースに対しても、アプローチできるアイテムがこちら!

・頭皮の皮脂の分泌量をコントロールしてくれるカリテシャンプーとキュルビシアシャンプー!!

さらに、

・血行が7倍になり、毛細血管を新しく作ることができるフォルティセアシャンプー!!

ラストは、中込も毎日使っている、

・全ての効果を×10倍にしてくれるコンプレックス5!!普通エステとかマッサージとかに使われるエッセンシャルオイルは1%から3%、プロスポーツ選手への施術する際のオイルも7%の配合量なのに対し、これ53%

この処方は世界中探しても類似品がないし、今後も絶対出てこない製品ですので、おすすめ!

悩みが全部吹き飛ぶこの素晴らしい製品達を使い、さらにスパがついた3ヶ月発毛育毛スペシャルプロジェクトコースもあります!

手遅れになる前に育毛習慣!

頭皮診断だけでも担当スタッフにお尋ね下さい!まずは、自分の頭皮の状態を知ることからです!

ちなみに、世界の抜け毛ケア製品の市場でいうと、

日本は、なんとアジアでダントツの薄毛大国です。。

なので、アンチヘアロスにおけるマーケットリーダーという、不名誉な称号が与えられています。

さらに、このままだと、2026年には世界ナンバーワンに躍り出てしまうそうです。

あと6年後!

世界一は嬉しいが、こんな称号はいらないですね。

皆さん!頑張りましょう!!

長文お読み頂きありがとうございました!

カテゴリー
シャンプー、トリートメント, スタッフブログ, 青山サロンよりお知らせ, 髪のQ&A
タグ