NEWS

2018-01-12

スタッフブログ

そういえばロンドンに行ってきました~ご飯編~

みなさん、こんにちは。

年が明けましたが、まだロンドンネタ続きます。

今年もよろしくお願い致します。

今回は『ロンドンでのご飯』について書いてみようと思います。

これからロンドンに行かれる方の少しは参考になれば幸いです。

よく『ロンドン』と言って私のまわりで話題になるのは『食』です。

『美味しくないんでしょ?』とか『フィッシュ&チップス以外なにを食べるの?』と。

10数年ぶりに行くロンドンでしたが、その不安は払拭されました。

まずホテルでの朝食はこちら。

代表的な『イングリッシュブレックファースト』です。

しょっぱめのベーコン、ソーセージに、スクランブルエッグ、ハッシュドポテト、トマトソースで煮たビーンズ、トマトの水煮。

カリッカリに焼かれたトーストにバターとジャムをたっぷりと。

朝しっかり食べる派としては満足な朝食でした。

そしてランチ。

アカデミー近くにある『Silva’s』は、カフェ、イタリアン、地中海風のレストランです。

とても感じの良いスタッフの方々で、居心地が良いです。

こちらで食べたのはチキンランチ。

写真では分かりづらいですが、ものすごいボリュームで写真の20%程しか食べることができませんでした。。

アルデンテのパスタが好きな私としては、ソフトなパスタが給食を思い出す懐かしい感じでした。

また別の日のランチは『プレットアマンジェ』というロンドンのいたるところにあるサンドイッチバー的なところでサラダランチ。

アボカドとエビがたっぷりで、野菜も新鮮。

マンゴーとパパイヤをデザートに。

たまにサッパリとした物を食べたい時に手軽に美味しく食べられます。

そしてアフタヌーンティーは英国皇室御用達でもある『Fortnum & Mason』で。

小さな宮殿の様な建物内で本格的なアフタヌーンティーを楽しめます。

これは二人分ですが、この三段のデザートの前にバターたっぷりのクロックムッシュ的なずっしりとしたメインになるパンが来ます。

クロテッドクリームがたっぷりのスコーンにケーキがお腹にたまり、一番上のケーキは残念ながら手付かず…

甘いもの大好きで、たくさん食べられる方にオススメのアフタヌーンティーです。

ディナーはコヴェントガーデンにある『Le Garrick』でフレンチを。

ロンドンに住むフランス人の頬っぺたを落とすほど美味しい超人気店です。

ムール貝や、ロンドンでも流行っている熟成肉のステーキ、何とかチーズをオーブンで焼いてトロトロにしたもの。

これにパンやポテトをディップして食べる深夜0時。

到着して時差ボケ真っ只中の1日目に行ったので、どれだけ食べたかわかりませんが、とにかく危険な美味しさでした。

美味しいものをカジュアルに食べたい時に。

また別の日はチャイナタウンで中華を。

名前は忘れてしまったのですが、1週間の滞在中、2回行った程美味しいお店です。

美味しい中華を綺麗な店内で、お腹いっぱい食べられるのが最高なお店です。

結果、ロンドンでのご飯は美味しかったです。

選ぶ店、食べ物によって、違うこと。

日本よりも当たりと当たりではないお店の比率が、同じ位なのかなと感じました。

これからロンドンへ行く方。

ご飯は大丈夫です。

ただ保険として、カップラーメンを持って行くと心が落ち着くと思います。

番外編ですが、毎日多国籍料理(他にはインド料理や韓国料理など)を食べていて胃が疲れてしまったので、ホテルでサラダとSushiを食べました。

見た目も今思うと怪しかったですが、これが日本のSushiと思って欲しくないなと思う味でした。

ロンドンのスーパーで売っているSushiは、寿司ではありません。

日本食が恋しくなってもスーパーで買うのはオススメしません。

他にも毎日通ったパブやピカデリーサーカスにある韓国料理店など、ご紹介していない所がありますので、続きはサロンで!

カテゴリー
スタッフブログ
タグ