NEWS

2017-10-29

スタッフブログ

『ウィキシマモトのふところ』part8

今回のふところは…

『ブリーチカラーの駆け引き』です!

久しぶりにハイトーンにして頂きました。

その工程とカラーリストの考えをお話ししたいと思います。ちなみに私はスタイリストです。

全くカラーをしていない髪。バージンヘアーをこの色にしたい!っと奇才の鬼才カラーリストの名越にお願いしました。


このフタのなんとも言えないグレージュです笑

オーダーの仕方が悪いですが、快く承諾してくれました!

まずはブリーチで色を明るくしていきます。ここで何回ブリーチするかが髪のコンディションに大きく影響を与えていきます。

スタート時


1回目


2回目


どんどん明るくなっていきましたね。

そしてここがターニングポイントになります。

カラーリストの頭の中モワモワモワ〜〜〜

『ここでもう一度ブリーチで明るくしてから色を入れれば、ダメージは伴うが良いカラーになるのは確実‼️

だが、今の状態でもできるかもしれない。黄色味を反対色のラベンダー系で打ち消しながら残った黄色味を予想して理想の色になるカラーを配合。

放置時間によって薬の反応の色味が違うので良きタイミングでながす

カテゴリー
スタッフブログ
タグ