NEWS

2017-12-23

Art Work, スタッフブログ, 青山サロンよりお知らせ

こんだけカテゴライズされた時代に、突如、圧倒的なミューズが現れ、再び誰しもがそのミューズの髪型を真似するような現象は来るのだろうか? 【 ドンピシャ美容師のブログ 】 vol.94

皆様のドンピシャになりたいドンピシャ美容師のブログです~

どんなドンピシャ美容師かはこちら→中込プロフィール

ストリートキャスティングの時代は、もうそこまで来ている。

先月発表されたTONI&GUYニューコレクション 『 フューチャーワイズ』

ブックの表紙を飾ったモデルは事務所に入っていない一般人だった。

今、High end(ハイエンド)なブランドも、アンチエージェンシーといって事務所に入っていない一般人をモデルに起用し、より個性を強調した『デザイン』を打ち出していく傾向にあります。

今回のTONI&GUYニューコレクション『フューチャーワイズ』は、そういう流れをいち早く取り入れ、個性を大事にするインディビジュアルヘアをトレンドとして打ち出したブック。

もちろん日本のトレンドも徐々にインディビジュアルになってきています。

ここ最近だと、ノームコア、エフォートレスヘアがファッションに合わせてトレンドとなり、

お客様の要望としても抜け感、こなれ感というキーワードがよく会話に出ていました!

そういったラフな感じが一般的にはまだ流行っていますが、そういうルーズなスタイルに、個性を出していく流れが徐々にできてきています。

『インディビジュアル=個性』というワードもあちらこちらでよく聞くようになってきました。

個性的な方は昔からいますが、『個性』がトレンドになるということは、どういうことでしょうか?

トレンド

これもトレンド

これもトレンド

適当に撮ってしまいましたが、シルエット、カラー、テクスチャーで、様々なヘアスタイルがある中で、その個性的な1つのスタイルが流行るっていうわけではなく、流行りのスタイル自体がなくなり、全員が個性を主張していくことが、これからのトレンドであるという解釈です。

テレビやネットの世界で絶対的なアイコンが各ジャンルに数人ずついて、その人達を神と崇めているファン達が同じスタイルにしていって、さらにその友達に広がっていくような今までの流れが、ちょっとずつ変化していって、今は、末端の人達でさえも、自分の髪型に対して自分だけのヘアスタイルを求める時代となりつつあります。

これはまさに情報が一瞬で手に入り、一瞬で自分から世界に発信できる時代になったから。

例え悪いですが、今まではハゲたら、自分ではどーすればいいか分からず、とりあえずプロに任せる!という時代から、ハゲの原因を自分で検索して、自分で調べて、把握して、自分なりに考えてから自分に合った解決方法を見つけられる時代。

ヘアスタイルも一緒で、自分にはトータルルックで何が合うか、そして、どんな髪の悩みがあるかをネットで情報を得て、適したサロンにご来店する方がとにかく多くなってきました。

これが、まさにその人に合ったインディビジュアルヘアであり、トレンド。

そんなベーシックのないセンスが問われるトレンドに対して、

今回のフューチャーワイズは、まさにそれを作れるセクションパターンでした!

もちろん教えられないですが、これをベーシックとして成り立たせるとは流石です。

その人の個性を出し、または、悩みを解決させることができるセクションパターン!

フレキシビリティなスタイル提案が今後は大事になってくるんだなと今回のニューコレクションもとても勉強になりました!

2017年も残りわずか!

今の自分には何が合うかを一緒に考えながら、2018年もヘアスタイルを楽しんでいきましょー!

カテゴリー
Art Work, スタッフブログ, 青山サロンよりお知らせ
タグ